空家の活用診断

空家の活用診断

空家の活用診断とは?

誰も住まなくなった実家などの空家を、賃貸住宅として貸す場合に、どれくらいの家賃がとれて、そのためにどれくらいのリフォームが必要か?を調べ、どのくらいの期間で元がとれるか?を診断、シュミレーションするサービスです。(無料)

空家活用のメリット

1.空家にしていても、固定資産税などの維持管理コストがかかります。賃貸住宅として貸すことで、管理コストが賄え、+αの収入が入ります。

2.親が老人ホームなどに入っていて、空家になっている場合などでは、賃貸住宅として貸すことで、もしもの相続の時、貸家建付地として評価が減額されます。

貸す時のポイント

1.めんどうなことがないよう、弊社が一括受注、一括管理いたします。

2.定期借家契約を使うことで、将来の再活用や売却をスムーズにできます。

診断から、貸すまでの流れ

現地の確認
家の状態や周辺の状況を把握します
↓
市場調査
そのエリアでの家賃相場や、空家状況を調べます。
↓
リフォーム費用概算
どの程度のリフォームをすると、貸せるかを検討し、概算費用を割り出します。
↓
活用診断の報告
投資回収期間や市場性についてご報告します。
↓
空家活用の契約締結
活用を希望される場合は、入居者のターゲット像を明確にし、活用を進めていきます。
↓
デザイン性の検討
物件の状況、市場性により、デザインの方向性を検討します。
↓
リフォーム最終見積り
リフォームの投資費用を最終決定します。
↓
募集条件の決定
家賃やその他の条件を決定します。
↓
リフォーム工事施工
進行を細かくチェックして施工していきます。
↓
募集の開始
募集する入居者のターゲット像に合ったルートで募集します。
↓
入居者との契約
定期借家契約を中心として、オーナー様に不安のないように、かつ、入居者様にもメリットのある契約内容にして入居をスムーズにします。
↓
物件の管理
入居後は、当社が一括管理し、オーナー様に面倒なことがないようにします。
小冊子

小冊子「正しい塗装工事をする前に読む本」 無料プレゼント中!

~失敗しない業者選びのコツお教えします~

一時期の悪質リフォームが蔓延した時期に比べると、被害件数は少なくなったものの、依然として悪質リフォーム業者による被害はなくなってはいません。
この本には、あなたが塗装工事をする際に、業者選びで失敗しないよう、予め知っておいたほうが良い事をたくさん盛り込みました。
お申込みはコチラ

空家の活用診断