外壁塗装診断

外壁塗装診断

外壁塗装☆診断とは?

家という大切な財産を長く良い状態に保っていくためには、建物の外壁などを塗装するというメンテナンスが必要になります。 しかし今すぐ塗装をしなければいけないか?またどのような塗料を使えば良いか?わかりずらいものです。 そのために、家づくり代理人では、無料でお伺いし、現状の建物を診断し、ご説明させていただきます。 診断の結果、外壁塗装工事が必要となった場合は、現状に合った塗料の選定を含む塗装工事についてアドバイスをさせていただきます。

こんな方はぜひご相談ください!

1.外壁にクラックや剥がれなど、気になる箇所がある。

2.飛び込みのセールスマンから、外壁の塗装工事を勧められているが、頼んでよいか不安がある。

3.見積りを取ったが、価格が妥当か?建物の現状に合った材料か?分からない。

3ヶ所の診断をします

1.外壁2.屋根3.バルコニー、屋上の防水
外壁 屋根 防水
コーキングの亀裂など外壁面の傷み具合がご確認いただけます。 見えない屋根の状況がご確認いただけます。 防水面の傷みがご確認いただけます。

外壁塗装の材料選びのポイント

1.外壁の状態に合った下塗り材を選ぶこと!

一般的には、仕上げの塗装材にシリコン?ウレタン?などの、何を使うかの話がほとんどですが、その前にヒビやクラックの入った状態なら微弾性の下地調整材を使う必要がありますし、特に問題がなければ一般のシーラー材でOKだったりします。

2.価格だけに惑わされず、塗料の質も考慮して選ぶこと!

安かろう!悪かろう!にならないために、塗装材料の質を確認することが大切です。アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素などの種類がありますが、それぞれの材質の中でもたくさん種類がありますので、良く確認して下さい。

3.屋根は、できれば溶剤系の塗料を選ぶこと!

最近は、塗装時の臭いの問題で、水性系の塗料が主流ですが、屋根は太陽光線が直接当たり、劣化が進みやすいので、水性系より耐久性のある溶剤系を選ぶ方が良いでしょう!

診断から、施工までの流れ

現地にて診断
建物の外壁の状態を目で視て手で触り、叩いてみて調査し、その状態を診断します。
↓
診断結果のご報告
建物を調査し、診断した結果を報告します。
+
外壁塗装ご提案
診断した結果、塗装する必要がある場合は、状態に合った塗料・塗装方法の説明・提案をします。
↓
お見積り
お打ち合わせをもとに、お見積りを提出します。
↓
外壁塗装工事ご契約
工事内容、見積り等十分ご検討していただき書面にて当社とご契約していただきます。
↓
近隣あいさつ
近隣の方へ、塗装日程などのご連絡をします。
↓
施工
足場の設置、養生、高圧洗浄、下塗り、中塗り、上塗りと工事していきます。
↓
施工完了ご報告
打合せ:見積り書通りに施工されているか?問題が無いか?をチェックしご報告します。
小冊子

小冊子「正しい塗装工事をする前に読む本」 無料プレゼント中!

~失敗しない業者選びのコツお教えします~

一時期の悪質リフォームが蔓延した時期に比べると、被害件数は少なくなったものの、依然として悪質リフォーム業者による被害はなくなってはいません。
この本には、あなたが塗装工事をする際に、業者選びで失敗しないよう、予め知っておいたほうが良い事をたくさん盛り込みました。
お申込みはコチラ

外壁塗装診断フォルダ